知っておきたい離婚の相談にかかる費用

離婚は、一人だけで考えていても前に進みません。あれこれ考えすぎて、ストレスになってしまうこともあります。配偶者と別れたいと考えたら、まずしかるべき所で相談するようにしましょう。この場合には、有料と無料がありますので、まず無料の所で話を聞いてもらうようにしましょう。無料の所は市役所や区役所の窓口、あるいは消費者生活センターなどです。また、法テラスでも無料で受け付けてくれますので、必ず予約を入れ、当日は時間に遅れないようにしましょう。こういうと所では、弁護士が輪番で対応してくれます。一方で弁護士事務所、あるいは弁護士会などは有料になります。無料だけを選択することもできますし、まず無料の所で相談をして、いよいよ決心が固まって、事務所なり弁護士会なりに行くこともできます。

弁護士の依頼は離婚調停の段階で行いましょう

相談は無料でも有料でも、まず話すべきことをきちんとメモしてから持って行きましょう。なぜかといいますと、弁護士はその夫婦がどのような状況に置かれているかを知ることで、最適な方法を割り出すからです。無論お金関係、たとえば収入とか財産、ローンがあるかないかといったことも、きちんとメモして行くようにしましょう。離婚はまず夫婦の話し合いによって行われ、この場合弁護士は事務所でのアドバイス程度です。しかしその次の段階、つまり調停になってくると、裁判所で行われることもあり、どうすれば調停をスムーズに行えるか、あるいは書類をどう書けばいいのかを教えてもらえます。調停で成立しない時は裁判になります。できれば調停の段階で事務所なり弁護士会なりに行って、弁護士に依頼するようにしましょう。

事務所や弁護士会により料金設定は様々です

弁護士事務所、または弁護士会で話を聞いてもらう場合は、30分で税込み5400円が相場となっています。ただし、事務所やセンターによって金額が違うことがあるので、必ず事前に確認を入れておくようにしましょう。また離婚の場合は、事務所によっては無料ということもあります。それから、初回は有料であっても、同じ内容で2回目以降は無料ということが多いので、必ずその点も確認しておきましょう。それから事務所によっては、1時間で1万5千円程度ということもあります。特に法律関連の相談は、時間が予想外にかかることが多いので、最初から1時間という設定にして話を聞いてもらう方が、色々な部分でメリットがあります。それから事務所や弁護士会でなく、電話で話を聞いてもらいたい時は、通常無料です。